医療器具

精神と神経のバランス

病院内

訳のわからない不調の原因

自律神経失調症の症状の一例は、めまいや動悸、手足が冷えたり、感情が不安定になったり冷や汗を掻いたりと様々です。身体が痛くなったり、具合が悪くなったりと色々な不調を訴えるのですが、内科的検査では異常が出ません。夜型の生活や過度のストレス、環境の変化など自律神経失調症の要因は一人一人違います。予防対策としては、有酸素運動やカラオケやスポーツなどでストレスを発散したり、バランスの良い食事で身体の内側も整えるといいでしょう。交感神経を興奮させるカフェインやアルコールは極力避け、カルシウムやビタミンCをしっかり摂ってください。ライフスタイルを整え、免疫力を高めることで、心身の歪みを正し自律神経失調症を改善してゆきましょう。

休養とストレスフリー

自律神経とは、身体や心の自分ではコントロールできない機能に働く神経です。心臓を動かしたり呼吸をしたりと無意識に自動的に行っている活動は、すべて自律神経が調節してくれているのです。不規則な生活やストレスなどで自律神経のバランスが乱れ、様々な不調が起こることを自律神経失調症と言います。自律神経は交感神経という活動を促す神経と、副交感神経という休む神経とに分かれ、自動切り替えされて働いています。自律神経失調症の症状は人それぞれで、数えきれないほどあります。療法も色々ありますが、心理療法を行ったり、薬物療法や、認知療法など専門の医師のもとできちんと治療しましょう。ですので、自律神経失調症かもしれないと感じたら、病院を受診してみることが大切です。精神と身体の両方をバランスよく治療するのが効果的な方法です。

必要に応じて活用する

白衣の男性

世田谷区は東京都の中でも人口の多い区となっています。人口が多いこともあり、医療機関も数多くあります。その中には在宅医療を行っている医療機関もあるのです。世田谷区のエリアごとで在宅医療を受けられる医療機関が異なるので、ご自身のエリアでどこの医療機関で在宅医療を受けられるのか確認しましょう。

この記事の続きを読む

診断の難しい膠原病の検査

医師と患者

本来は人体を守るべき自己免疫系が何らかの原因で暴走し、自分自身を攻撃してしまうのが膠原病です。免疫の異常を見破るのは熟練した医師でも難易度が高いため、免疫沈降法といいう生物学的方法を実施している病院もあります。女性や高齢者は特に膠原病の発症リスクが高いので、原因不明の関節痛や発熱などには要注意です。

この記事の続きを読む

診察の内容

診察券

新宿の内科を受診をするのであれば、事前に問い合わせをして診療をしているか確かめてから行くといいでしょう。また時期に応じて患者さんが多い場合もあるので、時間をずらすなどして、受診をすると待ち時間が少なくすみます。

この記事の続きを読む